お知らせ

【お知らせ】海外たすけあいキャンペーンがスタート!

いま世界では1億3,000万人もの人びとが、紛争や自然災害、飢餓、病気などで命の危機に直面しています。

シリアの紛争で犠牲になった人びとへの支援を。

バングラデシュの水害にあった人びとの救援を。

ケニアの人びとの健康を守る保健衛生活動を。

人間のもつ自ら立ち上がる力、レジリエンスを高めていくこと。

 

「救うことを、つづける。」という思いと、世界の苦しんでいる人びとをつなぐ募金キャンペーンが、今年も12月1日(木)~12/25(日)の期間で実施されます。

 

 

↑海外たすけあい特設サイトはこちらをクリック!

 

 

 

 

 

 

 

当センターでも期間中、血液センター及び献血ルームの受付に募金箱を設置し、ご協力を呼び掛けます。

 

皆様方の温かいご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

【「NHK海外たすけあい」とは】

今年で35回目を迎える「NHK海外たすけあい」キャンペーンは、世界各地で起こる災害や紛争、飢餓や病気などで苦しんでいる人びとを救うために、日本赤十字社が毎年NHKと共同で実施している募金キャンペーンです。

昭和58年に第1回目が実施されて以来、毎年12月に全国のNHK 支局、日赤支部などに窓口を設けてご協力をお願いしています。

寄せられた寄付金は、世界に広がる赤十字のネットワークを通じて、これまで世界155ヵ国で支援を必要とする人びとのために活用されてきました。

 

【赤十字だからこそできること】

「苦しんでいる人を救いたい」という共通の理念を持つ、世界190の国と地域にある赤十字のネットワークを利用して、直接支援を届けることができます。

また、地域に根ざして活動しているからこそ、災害が起きた時にもいち早く必要な支援を届けることができ、かつ緊急支援が終了した後も継続して地域をサポートすることができます。

中立の立場で活動しているからこそ、紛争地域等国際社会の支援が届きにくい地域にも支援を届けることができます。

  • 月別一覧

  • カテゴリー